2006年5月アーカイブ

6月の4ch番組表掲載

6月のチャンネルフォー番組表を掲載いたしまいた。

http://www.cat-v.jp/tv/about_4ch.swf

キャット・ヴィでは、電話回線が無くてもPPV(ペイ・パー・ビュー)サービスをお楽しみいただけるRFリターンをHDコースにて開始いたしました。

STBに内蔵しているケーブルモデムを使って、PPV視聴データを送ることが可能となります。

プレスリリース


※双方向(NET)対応の戸建・集合住宅が対象となります。
※STBからのインターネット接続サービスは、現在のところ提供しておりません。
※電話回線(テレコリターン)によるPPVサービスも選択いただけます。

PRESS RELEASE

仙台CATV株式会社
ジャパン ケーブルキャスト株式会社
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
仙台CATV㈱がRFリターンを利用したPPVサービスを開始

〜双方向サービスの充実により更なる高付加価値サービスを展開します。〜
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 仙台CATV株式会社(以下、CAT-V、本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:佐々木 茂)は、
平成18年5月よりRFリターン機能を利用して、ジャパン ケーブルキャスト株式会社(以下、
ケーブルキャスト、本社:東京都中央区、代表取締役社長:藪下憲一)が提供するケーブル
テレビ局向けデジタル化ソリューションサービス「JC-HITS」(ジェイシー・ヒッツ)のPPV
(ペイ・パー・ビュー)双方向サービスを開始しましたのでお知らせいたします。

 CAT-Vは平成16年11月、東北地域でのJC-HITS利用局第1号として、全面的にJC-HITSを採用し、PPV(ペイ・パー・ビュー)を含め、最大89チャンネルと、従来のアナログサービスと比較して
倍以上のチャンネル数を誇る高付加価値デジタルサービスを展開してまいりました。
これまでPPVサービスは購入履歴収集のため、電話回線を接続することが必要でしたが、CAT-V
ではRFリターン機能を利用した双方向PPVサービスを展開することで付加価値サービスの利用率
向上を図ります。またCAT-Vでは今回のRFリターン機能を利用した双方向システムについて、
将来的にはSTBの双方向監視機能を活用した視聴率の調査等に発展させていく事を視野に入れて
います。

 JC-HITSサービスは、デジタルならではの高付加価値サービスを効率的に実現できる最適な
デジタル化ツールとして、ケーブルテレビ事業者様に幅広く認知、ご理解をいただいております。
自主放送スクランブルへの対応や双方向サービス対応など、ケーブルテレビ事業者様のニーズに
沿ったサービス提供に努めてまいりますので、引き続きご指導のほどよろしくお願い申し上げます。


----本件に関するお問い合わせ先----
仙台CATV㈱ 営業部
電話 022-225-2211
http://cat-v.jp

ジャパン ケーブルキャスト㈱ 経営企画部
電話 03-5299-2502
http://www.cablecast.co.jp

月別 アーカイブ