集合住宅(アパート・マンション)のキャット・ヴィ対応
キャット・ヴィ化は、新築、既存を問わず、光ハイブリッドで集合住宅の価値を高めます。
イメージ お問合せ
アパートからマンション等
アパートからマンション等、付加価値を高めます。

キャット・ヴィは、仙台市青葉区・太白区・若林区・名取市の一部を主要エリアに放送サービスとケーブルインターネットサービスをお届けしており、デジタル化時代に対応する貴重なインフラとして重要な位置づけをいただいております。

光ハイブリッドの大容量伝送能力により、電波障害を受けにくい安定した電波供給を行っており、放送サービスと共に高速ブロードバンドのケーブルインターネットサービスもご提供しております。 マンションの付加価値として、自信を持ってご提案いたします。

導入のメリット
アンテナ設備イメージ
  • アンテナ設備不要。
  • ケーブルテレビ施設の維持管理・メンテナンス・ユーザー1次対応等すべてキャット・ヴィにお任せください。
    ※故障・不良が棟内設備に起因する場合は、オーナー様または管理組合様等のご負担になりますので、ご了承ください。
  • 地上デジタル放送(CATVパススルー方式【周波数変換】による伝送)に対応しています。
  • アンテナ設備の維持管理が、オーナー様・管理組合様等のご負担で将来に渡って発生します。
テレビ受信状況イメージ
  • 常に安定した良質のテレビ電波を確保出来ます。
  • ビルの建設・高層化等により、都市群のテレビ受信状況は悪化していく傾向にあります。
  • 受信状況によっては、受信アンテナ移設等の対応が必要になります。
視聴チャンネルイメージ
  • 地上波チャンネル(仙台地区NHK2波・民放4波)以外に、BSデジタル放送や各種専門チャンネルがお楽しみいただける他、オプションチャンネルの任意選択も可能です。
  • さらに電話回線を使わない、ケーブルの双方向機能によるPPV(ペイ・パー・ビュー)番組も選択いただけます。
  • BS・CS放送等の新しい放送を視聴希望の方は個別に機器を購入する、またはマンションに共同アンテナを設置する必要があります。
    ※個別設置の場合は美観を損なうリスクが発生します。
  • デジタル化への対応が困難です。
インターネットイメージ
  • ケーブルテレビ回線を利用するので、距離に関係ない高速インターネットサービスのご利用が可能です。
    ※電話回線を使わないので、安定した高速通信、電話料金不要・常時接続の月額固定料金です。
    さらに光+同軸ケーブルによる次世代の超高速規格も国際標準として検討されており、将来性も抜群です。
  • 棟内設備はテレビ視聴(下り方向)のための設備であり、インターネット(双方向)には対応できません。
  • テレビ設備とは別にインターネット設備が必要になります。
拡張性イメージ
  • ケーブルを利用したセキュリティ等、テレビ視聴だけではない様々なサービスに期待と注目が集まっています。
  • 基本的にテレビ視聴のみです。
お問合せ
新築集合住宅放送対応(マンション)施工例
  • 所有区分及び維持管理は、保安器(SB)を責任分界点と致します。
  • 外部引込線工事及び保安器取付けまでは、キャット・ヴィにて施工致します。
配線図
電気設備工事範囲
  • ケーブルは全てS7C-FBまたはS5C-FBをお使いください。
  • 各部屋の配線は送り配線にせず、並列配線にしてください。
    ※各々が端末になる様な配線が必要です。
  • 分配器・ブースター等は、必ず点検できる場所に配置してください。
    ※接栓型
  • ブースターは双方向型を取り付けてください(770MHz対応型・AC100V・接栓型が必要)。
  • 直列ユニットはハイパスフィルタ内蔵のシールド型をご利用ください。
    ※例)日本アンテナ製「WSRU-77」など
  • 直列ユニットの取り出しレベルは、75〜80dB程度取り出せる様に設定してください。
  • 引込柱の場合は、テレビ第1端子盤から引込柱までのケーブル通線は、新築工事時の本体設備敷設工事となります。
    ※引込柱では3m程度の余長が必要です。
  • 引込柱が電力柱やNTT柱の場合は、キャット・ヴィによる共架(添架)の許可申請が必要となります。建柱(番札受付)後、申請から許可までおよそ1ヶ月程度の期間が必要です。また、キャット・ヴィが共架(添架)する事を前提に強度計算等の設計を行ってください。
    ※電力柱・NTT柱の場合は、設計依頼が必要となりますので、上記期間を見込んでの建柱計画をお願いします。
  • 各端子盤はキャット・ヴィで通信用機器が取付可能なスペースの確保(300mm×200mm程度)とAC100V、アース(D種)をお願いします。
キャット・ヴィの工事範囲について
  • 所有区分及び維持管理は、保安器(SB)を責任分界点と致します。
  • 第一受点まで及び保安器取付までは、キャット・ヴィにて工事いたします。
  • 地中管路を使っての引込みの場合は事前打合せが必要となります。
更に詳しいCATV対応設計について

更に詳しいCATV対応設計については、お問い合わせください。


ページの先頭へ▲