緊急地震速報とは CAT-Vのシステム 料金 お申込みと資料請求

緊急地震速報とは 緊急地震速報:利用規約

緊急地震速報の有効例

平成17年8月16日に宮城県沖で発生した地震の例です。気象庁からの緊急地震速報の第1報は、石巻市で主要動到達の10秒前に、仙台市で16秒前に、川崎町では22秒前に配信されました。

発生した地震の概要

地震発生日時 震央地名 北緯 東緯 深さ マグニ
チュード
最大深度
平成17年8月16日
11時46分25.7秒
宮城県沖 38°09' 142°16' 42km 7.2 6弱

主要動到達までの時間及び観測された震度

地点名 緊急地震速報第1報からの時間 震度
宮城県石巻市 10秒 5強
宮城県仙台市 16秒 5強
宮城県川崎町 22秒 6弱

※時間は、小数点1位以下を切り捨て (平成17年8月17日 気象庁報道発表資料より)

ご存知ですか? 国の地震調査委員会によると、2036年(平成48年)までに宮城県沖を震源とする大規模な地震が発生する確率は・・・なんと99%

家にいる時、緊急地震速報が発報したら

映像リンク

分かり易い動画で理解を深め、いざという時に備えましょう。

「その時、あなたはどうする! 緊急地震速報のしくみと心得」

「あなたならどう動く!? 〜緊急地震速報〜」

「10秒でできること〜緊急地震速報で命を守る」

緊急地震速報の技術的限界

1.緊急地震速報の発信が主要動の到達に間に合わない場合がある

内陸の浅い地震(いわゆる直下型地震)の場合、震源の直上(震央)付近では緊急地震速報の発信が主要動の到達に間に合わないことが多い。

一方、海域で発生する地震や内陸の地震であっても震源が深い地震については、震源に最も近い陸上の地点でも、震源からある程度の距離があることから、緊急地震速報の発信が主要動の到達に間に合う可能性が高い。

2.各地の震度の推定精度が十分でない場合がある

緊急地震速報における各地の震度の推定値は、震源からの距離、マグニチュード、地盤増幅度等のデータに基づき、経験式から求めているが、震源及びマグニチュードが精度よく推定された場合でも、現状の経験式自体が持っている誤差のため、観測された震度と推定値との間には震度階級で1階級程度の誤差がある。

更に、震源及びマグニチュード自体も、少数の観測地点で、かつ、短時間の間に得られた観測データから推定することから、精度が十分でない場合があり、これに起因して、各地の震度の推定精度が悪化する場合がある。

3.誤報が発信される可能性がある

1ヵ所の観測データのみから作成された緊急地震速報は、誤報(落雷等の地震以外の現象を地震と誤認して発信される緊急地震速報をいう。)となる場合がある。

なお、誤報の場合は、数秒から十数秒後にキャンセル報を発信することとなる(ただし、島嶼部等観測点の密度が低い場所では、キャンセル報の発信まで30秒程度の時間を要する場合がある)。

平成18年 7月 28日 気象庁 報道発表資料より

緊急地震速報:利用規約

緊急地震速報とは CAT-Vのシステム 料金 お申込みと資料請求
お申込みと資料請求