設定ガイド・推奨環境-STBを接続する-

BD-V270

BD-V270の場合

   

テレビにつなぐ

D端子付きテレビとの接続

D端子ケーブルを使い、テレビのD端子を本機(TV出力)のD映像出力端子に接続します。また、音声は音声ケーブルを音声入出力端子に接続します。

D端子とは、デジタルチューナー等に対応し、1本のケーブルで簡単、高画質に接続できる、業界統一規格のコンポーネント映像端子です。

テレビのD端子にはいくつかの種類があり、それぞれ画質が異なります。

  • D1端子:従来の標準テレビの映像画質(525i)
  • D2端子:ハイビジョンに近い映像画質(525p)
  • D3端子:デジタルハイビジョンの映像画質(1125i)
  • D4端子:デジタルハイビジョンの映像画質(750p)

拡大画像を見る

おしらせ

・本機のD映像出力端子はD1〜D4に対応しています。


ご注意

上記の接続・設定をしても映像が映らない場合は、STB前面にあるフタを開き、その中のリセットボタンを押してください。


デジタル放送を録画する

録画機器との接続

本機後面のVTR REC出力端子に録画機器を接続して、デジタル放送を録画することができます。

拡大画像を見る

おしらせ

・VTR REC出力端子部のS1/S2映像端子、映像端子からは、デジタル放送のハイビジョン画質(1125i)の映像を標準画質(525i)に変換して出力します。したがって、接続された録画機器では標準画質で録画されます。


VTRコントローラを使って予約する(VTR連動録画)

付属のVTRコントローラを使うと、予約した時刻にVTRコントローラから録画機器にリモコン信号が送信され、録画機器の電源の入/切や録画の開始/停止を行い、本機の予約機能と連動してデジタル放送の番組を録画(VTR連動録画)することができます。この場合、録画機器の予約設定は必要ありません。

※録画機器の種類によっては、リモコン信号が異なるため動作しない場合があります。そのときは、VTRコントローラは使用できません。また、VTR内蔵型テレビにも録画できません。

接続のしかた(VTRコントローラとAVケーブルをつなぎます。)

拡大画像を見る

機種番号について

メーカーにより複数のリモコン信号を採用しており、つぎの機種番号で区分されます。

メーカー 機種番号 メーカー 機種番号
パイオニア 1,2,3 東芝 1,2,3,4,5,6
シャープ 1,2,3,4,5,6,7,8 ビクター 1,2,3,4
アイワ 1,2,3,4 日立 1,2,3
NEC 1,2,3,4 フナイ 1
サンヨー 1,2,3,4 松下 1,2,3,4,5,6
ソニー 1,2,3,4,5,6 三菱 1,2,3,4
工場出荷時の設定:未設定

ご注意

VTRコントローラ取付けの際のご注意
・リモコン受光部の位置は、録画機器の機種やメーカーによって異なります。一般的には、液晶表示部に隣接して丸いものがうすく見えます。
・VTRコントローラの発信部が、録画機器のリモコン受光部に、確実に向いていることをご確認ください。
・VTRコントローラを取り付けるときは、はじめから任意の位置に固定しないで、「VTR連動録画の設定」のテストで録画機器の電源が「入」になる位置を探し、その位置に固定してください。

音響機器をつなぐ

本機のデジタル音声出力端子は、MPEG2 AAC音声フォーマットを出力することができます。AAC対応の音響機器を接続すると、サラウンド放送の番組を迫力ある音声で楽しめます。

接続のしかた

拡大画像を見る

おしらせ

・詳しくは、接続する音響機器の取扱説明書をご覧ください。
・接続する前に本機と音響機器の電源を切ってください。
・メニューの「デジタル音声設定」を「AAC」にしているとき、字幕放送やデータ放送の一部の音声は、本機のデジタル音声出力端子から出力されません。
また、二重音声番組では、音声ボタンによる音声の切り換えはできません。音声を切り換える場合は、接続されている音響機器側で切り換えてください。音響機器側での切り換えができない場合は、「PCM」に設定してご使用ください。
・番組により録音・録画が制限されている場合があります。
・一部のラジオ放送は、デジタル録音することができません。

ぺートップイメージページトップイメージ