設定ガイド・推奨環境-一般的な録画方法-

主な録画機器について

アナログ録画機器 デジタル録画機器
VHSデッキ

【特色】

  • 一般録画機器、テープが安い
    ビデオレンタルが豊富

【録画メディア】

  • VHSテープ

【入出力端子】

  • 映像/音声入出力端子(写真1)
    映像端子:黄
    音声端子:赤(右)/白(左)
  • S端子(写真1)

写真1

DVDレコーダー(HDD内蔵)

【特色】

  • 早送り巻き戻しが無い
    長時間録画が出来る

【録画メディア】

  • DVD-RWディスク
  • DVD-Rディスク
  • DVD-RAMディスク
  • DVD+RWディスク

【入出力端子】

  • 映像/音声入出力端子
  • S端子
  • D端子出力(写真2)
    (※コンポーネント端子)
写真2
D-VHSビデオデッキ

【特色】

  • ハイビジョン番組がそのままの画質で録画出来る。

【録画メディア】

  • D-VHSテープ
  • S-VHSテープ

【入出力端子】

  • 映像/音声入出力端子
  • S端子
  • D端子出力
  • i-LINK端子
    (※IEEE1394端子)

CATVデジタルセットトップボックス(STB)出力端子

CATVデジタルセットトップボックス(STB)出力端子

STBと録画機器の接続について

STBと録画機器の接続について

STBのEPG(アイコン)について

デジタル録画が出来る番組!

【デジタル録画が出来ない番組!】

※EPG詳細表示:<デジタルコピー>:コピー禁止
※D-VHSデッキ・DVDレコーダー(HDD内蔵)で録画できない!

×
デジタル録画が出来ない番組!

【アナログ録画が出来ない番組!】

※EPG 詳細表示:<アナログコピー>:コピー禁止
※VHSデッキで録画できない!

×
アナログ録画が出来ない番組!

【デジタル録画が出来る番組!】

※ EPG詳細表示:<デジタルコピー>:一回だけコピー可
※ D-VHSデッキ・DVDレコーダー(HDD内蔵)で録画はできるがコピー(ダビング)出来ない!
※ VHSデッキでも録画が出来て何回でもコピー(ダビング)が出来る!

○

DVD(ディスク)と記録方式について

DVD録画メディア DVD-RW DVD-RAM DVD-R DVD+RW
特徴 何回も録画/消去ができる
(※約1000回)
何回も録画/消去ができる
(※約10万回)
1回のみ録画ができて消去できない 何回も録画/消去ができる
(※約1000回)
記録方式※1 ・ビデオモード
・VRモード
・VRモード ・ビデオモード
・VRモード
・ビデオモード
・VRモード
『一回のみデジタルコピーが可能』
番組の対応

(※VRモード)

(※VRモード)

(※VRモード)
(※平成16年11月から対応)
×
ファイナライズ処理※2
CPRM対応※3 ×
対応メーカー パイオニア、東芝他 松下、東芝他 全社 SONY
※1 記録方式

【ビデオモード】

市販のDVDビデオソフトと同じ記録方式。ファイナライズ処理を行うと他のDVDプレーヤーやレコーダーで再生ができる。

【VR(Video Recording)モード】

何回も録画や編集ができる記録方式。このモードで録画した場合はDVD-RW、+RW対応及びDVD-RAM対応のプレーヤーやレコーダーでしか再生できない。
『一回のみデジタルコピーが可能な』番組はこのモードでのみが録画できる。

※2 ファイナライズ処理:ビデオモードで録画したDVDディスクが他のDVDプレーヤー/レコーダーで再生できるようになる。
※3 CPRM(Content Protection for Recordable Media)対応:著作権保護機能の一つで対応録画機器及びDVDディスクでないと『一回のみデジタルコピー可能』の番組が録画できない。

一回のみデジタルコピーが可能』番組の録画

W録コース(TZ-DCH280)の場合

ぺートップイメージページトップイメージ