平成29年1月30日よりマイクロソフト社の名前をかたる迷惑メールを確認しております。

マイクロソフト社のHPやツイッターでも注意喚起が出されておりますのでご注意ください。

詳しくは下記のリンクよりご確認ください。

 

マイクロソフト社 セーフティとセキュリティセンター

https://www.microsoft.com/ja-jp/safety/online-privacy/msname.aspx

マイクロソフト社 ツイッター

https://twitter.com/MSHelpsJP

 インターネットバンキングを巡る不正送金事件において、
ウイルス感染による被害拡大が警視庁の調査により明らかになっております。
 被害を未然に防ぐためにも、お客様がご利用されているパソコンなどには、最新のウイルス定義
ファイルに更新されたウイルス対策ソフトをご活用いただくなどのご対応をお願いいたします。

 尚、ウイルスによる被害の有無は弊社ではわかりかねますので、お客様においてご契約口座に不正
と思われる引き落とし、振込・送金が無いかご確認いただくようお願いいたします。
 被害があった場合は当該口座の金融機関または最寄の警察へお問い合せください。

 警視庁のウェブサイトでもネットバンキングに係る不正アクセス被害の防止対策等について
掲載しておりますのであわせてご確認ください。
【警視庁:ネットバンキングに係る不正アクセス被害の防止対策について】
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/haiteku/haiteku/haiteku428.htm

 

Internet Explorer の脆弱性対策について発表がありましたので、

以下サイトよりご確認下さい。

 

http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20140428-ms.html

 

本脆弱性の修正プログラムが Windows Update で提供されるまでの間、

一時的に Internet Explorer 以外のブラウザを利用するなど注意が必要となります。

インターネットバンキングのパスワード等を騙し取る不審な電子メールにご注意ください。

 

三菱東京UFJ銀行を装った不審メールについて

http://www.bk.mufg.jp/info/phishing/20131118.html

 

弊社ドメインでも同様のメールが確認されております。

不審なメールを受信した際にはリンクは開かず、

電子メールを削除していただきますようご注意願います。

 

更新ファイルのインストール後に、マカフィーのウイルス対策製品で問題が発生する場合があります。また、インターネット サービスが利用不能になる場合もあります。詳細については、こちらをご覧ください。

最近、cat-vドメインのメール宛に、キャット・ヴィであるかのように見せかけた悪質ななりすましメールが届くという事例がありました。

悪質なメールの例を記載いたしますので、このような迷惑メールを受信された場合は、無視もしくは削除の対応をお願いいたします。

※添付ファイルがある場合は添付ファイルを実行しない。メール内容にリンクが 貼られていても、リンク先を開かない等、ご注意ください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
題名:
A new settings file for the お客様のメールアドレス has just be released

差出人:
cat-v.ne.jp Team <お客様のメールアドレス>

本文:
Dear use of the cat-v.ne.jp mailing service!

We are informing you that because of the security upgrade of the mailing service your mailbox お客様のメールアドレス settings were changed.
In order to apply the new set of settings open this file:

http://irai.nerim.net/settings.exe

Best regards, cat-v.ne.jp Technical Support.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

当社よりお客様へ、設定を行うための実行ファイルをメールにて送付することはありません。
添付ファイルや、記載されたリンク先を表示させた場合、感染する可能性があります。
もしファイルを開いてしまったり、リンクをたどってしまった場合は、セキュリティソフトを利用し、ウィルスチェックを行い、適切な処置を行ってください。

バッファロー社製ブロードバンドルータの一部の機種にて、
インターネット接続ができなくなる等の不具合が発生しております。

対象機器
WBR-B11
WBR-B11/GP
WBR-B11/U
WBR-G54
WBR-G54/P
WLA-G54
WLA-G54/P
BLR-TX4S

症状の確認
WAN側MACアドレス「00:90:4C:4A:00:2A」
LAN側MACアドレス「00:90:4C:49:00:2A」
以上の状態にルータがなっていないか確認する。

対策
00:90:4C:4A:00:2AのMACアドレスに変わっていない場合
→ 最新ファームウェアの適用で回避する
00:90:4C:4A:00:2AのMACアドレスに変わってしまった場合
→ 修理が必要

※本件に関するお問い合わせは、バッファロー社Webサイト内のQ&Aページよりご確認頂けます様お願いいたします。
こちらからご覧いただけます。

マイクロソフト社から、緊急のセキュリティ更新情報が4件公開されました。
対象となる製品をご利用の方は、以下のリンク先を参照の上、Windowsのアップデート
(修正プログラムのインストール)を行ってください。

※ウイルス対策サービスをご利用の方も、Windowsのアップデートは必要です。

※マイクロソフトでは、2006年7月11日をもってWindows98/98SE/Meのサポートを終了しております。そのため、修正プログラムは提供されておりません。
今後もマイクロソフトのサポートの終了したパソコンをご利用になる場合は、ウイルス感染や不正アクセス等に十分ご注意ください。
(マイクロソフトからの情報)

・WindowsUpdateはこちらから
http://windowsupdate.microsoft.com/

・マイクロソフトの情報
MS09-002 : Internet Explorer の重要な更新
Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (961260)
http://www.microsoft.com/japan/security/bulletins/MS09-002e.mspx

MS09-003 : Exchange Server の重要な更新
Microsoft Exchange の脆弱性により、リモートでコードが実行される (959239)
http://www.microsoft.com/japan/security/bulletins/MS09-003e.mspx

MS09-004 : SQL Server の重要な更新
Microsoft SQL Server の脆弱性により、特権が昇格される (959420)
http://www.microsoft.com/japan/security/bulletins/MS09-004e.mspx

MS09-005 : Visio の重要な更新
Microsoft Office Visio の脆弱性により、リモートでコードが実行される (957634)
http://www.microsoft.com/japan/security/bulletins/MS09-005e.mspx

マイクロソフト社から、緊急のセキュリティ更新情報が1件公開されました。
対象となる製品をご利用の方は、以下のリンク先を参照の上、Windowsのアップデート
(修正プログラムのインストール)を行ってください。

※ウイルス対策サービスをご利用の方も、Windowsのアップデートは必要です。

※マイクロソフトでは、2006年7月11日をもってWindows98/98SE/Meのサポートを終了しております。そのため、修正プログラムは提供されておりません。
今後もマイクロソフトのサポートの終了したパソコンをご利用になる場合は、ウイルス感染や不正アクセス等に十分ご注意ください。
(マイクロソフトからの情報)

・WindowsUpdateはこちらから
http://windowsupdate.microsoft.com/

・マイクロソフトの情報
MS09-001: Windowsの重要な更新
SMB の脆弱性により、リモートでコードが実行される (958687)
http://www.microsoft.com/japan/security/bulletins/MS09-001e.mspx

マイクロソフト社から、緊急のセキュリティ更新情報が2件公開されました。
対象となる製品をご利用の方は、以下のリンク先を参照の上、Windowsのアップデート
(修正プログラムのインストール)を行ってください。

※ウイルス対策サービスをご利用の方も、Windowsのアップデートは必要です。

※マイクロソフトでは、2006年7月11日をもってWindows98/98SE/Meのサポートを終了しております。そのため、修正プログラムは提供されておりません。
今後もマイクロソフトのサポートの終了したパソコンをご利用になる場合は、ウイルス感染や不正アクセス等に十分ご注意ください。
(マイクロソフトからの情報)

・WindowsUpdateはこちらから
http://windowsupdate.microsoft.com/

・マイクロソフトの情報
MS08-068: Windowsの重要な更新
SMBの脆弱性により、リモートでコードが実行される (957097)http://www.microsoft.com/japan/security/bulletins/ms08-068e.mspx

MS08-069:Windowsの重要な更新
Microsoft XMLコアサービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される (955218)http://www.microsoft.com/japan/security/bulletins/ms08-069e.mspx