Q&Aよくあるご質問-メールウイルスチェックに関してのQ&A-
質問 ウイルスはどのように感染しますか?
質問 パソコンにインストールして利用するアンチウイルスソフトと比べてメリットは?
質問 現在パソコンにアンチウイルスソフトをインストールしているのですが使い続けて大丈夫?
質問 ウイルスチェックサービスへの申し込みは必要ですか?
質問 サービス料金はかかりますか?
質問 送信するメールは、チェックされるのですか?
質問 添付ファイルにウイルスが含まれていた場合、どうなるのですか?
質問 メール転送設定を利用している場合、転送されるメールはチェックされるのですか?
質問 ウイルスチェックサービスではメールの送受信に時間がかかることはありませんか?
質問 ウイルスチェックによって削除されたファイルは復元できますか?
質問 ウイルスチェックの対象となるものは?
質問 電子署名のついたメールはどうなりますか?
質問 暗号化ファイルに対応していますか?
質問 パスワード付き圧縮ファイルに対応していますか?
質問 マイクロソフト Outlook/Expressなどで添付ファイルを分割して送った場合、チェックされるのですか?
質問 圧縮形式のファイルの中にウイルスがあっても、検知・駆除できるのですか?
質問 HTMLメールもチェックできますか?
質問 ホームページへのアクセスも安全になるのですか?
質問 Macintoshのウイルスには対応しているのですか?
質問 このサービスを利用するには、何か設定などユーザー側準備が必要ですか?
質問 ウイルスは必ず駆除されますか?
質問 サービスを解除できますか?

質問 ウイルスはどのように感染しますか?
質問 ウイルスの感染経路の約90%が電子メールからだと言われています。
その他としては、迷惑メールで悪意のあるサイトに誘い出し、ホームページからウイルスを配信しているケースもあります。また、ファイル共有等によりウイルスに感染するケースもあります。
▲このページの先頭へ
質問 パソコンにインストールして利用するアンチウイルスソフトと比べてメリットは?
質問 メールウイルスチェックサービスには以下のメリットがあります。
 ・メールウイルスチェックサービスは無料です。
ソフトを購入する必要がなく、更新料金なども必要ありませんので経済的です。
 ・CAT-Vではウイルス情報(パターンファイルと呼んでいます)を毎日定期的に更新します。
随時更新された最新データでメールをチェックするので安心です。
 ・サーバ側でチェックしますので、お客様がご利用になるパソコンに負荷がかかりません。
▲このページの先頭へ
質問 現在パソコンにアンチウイルスソフトをインストールしているのですが使い続けて大丈夫?
質問 メールウイルスチェックサービスと合わせて、そのままお使いいただけます。
▲このページの先頭へ
質問 ウイルスチェックサービスへの申し込みは必要ですか?
質問 必要ありません。お申し込みの手間がかからず、メールを使い始めるときにはウイルスチェックが働いております。
▲このページの先頭へ
質問 サービス料金はかかりますか?
質問 メールウイルスチェックサービスは、月々の利用料金は無料です。
更新費用、手数料、アップグレード費用等一切かかりません
▲このページの先頭へ
質問 送信するメールは、チェックされるのですか?
質問 CAT-Vのメールサーバを通しての送信・受信の両方が対象です。
▲このページの先頭へ
質問 添付ファイルにウイルスが含まれていた場合、どうなるのですか?
質問

感染している添付ファイルを駆除し、ウイルス発見のお知らせ(警告メール)を送信します。

▲このページの先頭へ
質問 メール転送設定を利用している場合、転送されるメールはチェックされるのですか?
質問 転送設定をご利用の場合でも、メールサーバに入る前にウイルスチェックされますので、転送先メールアドレスにはチェックした後に到着することになります。
▲このページの先頭へ
質問 ウイルスチェックサービスではメールの送受信に時間がかかることはありませんか?
質問 ウイルスチェックサービスは十分なスキャンメモリを搭載した機器が動作しますので、メールチェックや駆除の動作にはほとんど時間がかかりません。(大きな添付ファイルの場合は体感速度が遅くなる場合もありますが、それも誤差範囲と思われます。)
▲このページの先頭へ
質問 ウイルスチェックによって削除されたファイルは復元できますか?
質問 駆除によって削除されたファイルは、復元できません。併せてオリジナルメールにはどういったウィルスを感知したか情報が付加されます。
▲このページの先頭へ
質問 ウイルスチェックの対象となるものは?
質問 チェック対象となるのは、送受信時のメールのみです。
メール以外(フロッピーや共有ネットワークなど)を経由して感染するウイルスについては対応しておりません。
※ホームページからダウンロードしてしまったウイルスも対象外となります。
※他プロバイダのメールも対象外となります。
▲このページの先頭へ
質問 電子署名のついたメールはどうなりますか?
質問 ウイルスに感染した電子署名付きのメールがチェックおよび駆除された場合、署名は無効となります。
▲このページの先頭へ
質問 暗号化ファイルに対応していますか?
質問 暗号化されているファイルのチェックはできません。
▲このページの先頭へ
質問 パスワード付き圧縮ファイルに対応していますか?
質問 パスワードがないと解凍できないファイルはチェックできません。
▲このページの先頭へ
質問 マイクロソフト Outlook/Expressなどで添付ファイルを分割して送った場合、チェックされるのですか?
質問 添付ファイルを分割して送信した場合、ウイルスは正常に検知されません。
▲このページの先頭へ
質問 圧縮形式のファイルの中にウイルスがあっても、検知・駆除できるのですか?
質問 以下のエンコード形式、圧縮形式に対応しています。
ZIP(12レベル)、LZH 
*多段圧縮されている場合は12段階までの圧縮に対応しております。
▲このページの先頭へ
質問 HTMLメールもチェックできますか?
質問 ある程度は事前にウイルスとして判断もされます。(HTML/Iframe_Exploit*として検出できる場合があります。)
添付ファイルに関してはチェックできます。しかし、HTMLメールのなかには、画像データ表示やスクリプト実行などで
インターネット上のサーバにアクセスするものがありますが、その結果受信したウイルスについては検知できません。
▲このページの先頭へ
質問 ホームページへのアクセスも安全になるのですか?
質問 本サービスは電子メールに対するサービスですので、Webブラウザを通じてインターネットにアクセスし、ウイルスをダウンロードしてしまった場合は削除されません。
▲このページの先頭へ
質問 Macintoshのウイルスには対応しているのですか?
質問 Windows/Macintosh共通ファイルには対応しております。
▲このページの先頭へ
質問 このサービスを利用するには、何か設定などユーザー側準備が必要ですか?
質問 ご利用いただいている設定のままで、サービスが受けられます。
▲このページの先頭へ
質問 ウイルスは必ず駆除されますか?
質問 本サービスはより安全で健全なメールサービスを提供するためのもので、ウイルスチェックとして完全にウイルスを駆除することを保証するものではありません。
▲このページの先頭へ
質問 サービスを解除できますか?
質問 メールウイルスチェックサービスはCAT-Vの全メールが対象のため、個別に解除することができません。
▲このページの先頭へ


>>トラブルシューティングに関しましてはこちらをごらんください。
ぺートップイメージページトップイメージ