設定ガイド・推奨環境-STBを接続する-

TZ-DCH2800

TZ-DCH2800の場合

   

テレビにつなぐ

HDMIケーブルで接続する場合

拡大画像を見る

お願い

●画質の劣化防止や安定した動作のため、HDMIケーブルは5.0m以下のものをご使用ください。
●HDMI規格に準拠したHDMIケーブルをご使用ください。
●アスペクト比(画面の縦横比)が正しく表示されない場合があります。映像出力切換スイッチは「D端子」側へ設定してください。

D端子ケーブルで接続する場合

拡大画像を見る

お願い

●接続するテレビのD入力端子に合わせて「HDMI/D端子出力」の設定をしてください。
(テレビがD1またはD2映像端子の場合は、上図の映像・音声コードを一時的に接続し、映像出力切換スイッチを「テレビへ」側にしてから、ビデオ入力画面で設定してください。)

コンポネート映像入力端子付きテレビの場合

拡大画像を見る

お願い

●接続するテレビのコンポーネント入力端子が対応している信号方式に合わせて「HDMI/D端子出力」の設定をしてください。(テレビが525i信号のみに対応している場合は、上図の映像・音声コードを一時的に接続し、映像出力切換スイッチを「テレビへ」側にしてから、ビデオ入力画面で設定してください。)

映像・音声コードやS映像コードで接続する場合

拡大画像を見る

お願い

●S1/S2映像入力端子付きテレビと接続の場合は、「S端子出力」の設定をしてください。

録画機器につなぐ

拡大画像を見る

i.LINKケーブルを接続すると

  • デジタル放送の録画ができます。
  • 本機から、松下製のD-VHSビデオデッキなどのi.LINK対応機器を操作できます。

ご注意

i.LINK未対応の録画機器もあります。(松下製DMR-HS2など)

接続上のお願い

  • ケーブルを購入する際は「S400対応の4ピンのi.LINK(アイリンク)ケーブル」とご指定ください。
  • 2つのi.LINK端子はどちらも同じように使えます。ただし、接続が輪(ループ)になったり、i.LINK対応パソコンなどを接続すると誤動作する場合があります。

デジタル音声入力端子付きオーディオ機器につなぐ

拡大画像を見る

Irシステムケーブルの取り付け例

拡大画像を見る

  • 録画機器のリモコン受信部の位置を確認してください。
  • 両面テープは、貼り付ける個所のゴミやほこりを取り除いてから貼り付けてください。
  • Irシステムケーブルに付属の両面テープは強力なため、棚などに貼り付けたあと、無理にはがすと板の表面を傷める場合があります。ご注意ください。
ぺートップイメージページトップイメージ